三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
試合結果

2006/4/26 オープン戦 三菱重工神戸×デュプロ
チーム 123456789
デュプロ 0000000011
三菱重工神戸 20300101 7
1 義積
2 野間
3 DH 大庭
4 横山
5 庄野
6 宮田
7 盛田
8 石井
9 増田
本塁打
盛田祥次
バッテリー
大西雅之、渡辺一史、松田克也、西川雅人、木林敏郎 - 増田勝洋、唐須信哉、高墳幸司
相手バッテリー
矢田、松本、山口修、加藤 - 山田
本日はデュプロとの一戦。当所先発はリーダーを努める大西、大西は与えられた三回をピシャリ!二番手へバトンタッチ。打線も初回から2点を先制相手の出鼻を挫いた!5対0で迎えた四回マウンドに上ったのは柳川高から今年入社したばかりの渡辺だ!渡辺は新人離れした肝っ玉を武器に相手打線に凡打の山を築かせた!野手では調整の遅れていた倉繁が2安打を放ち華麗なデビューを果たした。これで三菱の選手全員が今年試合に出場した事になった。試合も7対1で快勝!連敗も止まり、京都に最高の形で乗り込む格好となった!いよいよ皆が一光戦に向け戦闘態勢に入って来た!
   





2006/4/21 オープン戦 三菱重工神戸×NTT西日本
チーム 123456789
三菱重工神戸 0001020104
NTT西日本 00101120 5
1 義積
2 光武
3 大庭
4 横山
5 DH 庄野
6 吉田
7 盛田
8 石井
9 石丸
本塁打
大庭 寛
バッテリー
木林敏郎、松田克也、西川雅人 - 石丸太志、増田勝洋
相手バッテリー
小原、竹林、合田 - 大原
本日はNTT西日本とのオープン戦。序盤は当所先発木林とNTT先発投手との投げ合い、三回ヒットからNTTに先制されるも、四回大庭が風を味方に付けポール際にラッキーなホームランを叩き込み同点に、さらに六回吉田、代打宮田の連続タイムリーで逆転!しかし七回再度逆転を許し2点のビハインドに、八回1点差まで詰め寄り迎えた九回ツーアウトから代打絶好調男野間が142キロの真っすぐをレフト前に弾き返しランナー1塁とするも後続が倒れあえなくゲームセット。皆様これからも盛大なご声援どうぞよろしくお願いいたします。
   





2006/4/20 オープン戦 三菱重工神戸×松下電器
チーム 123456789
松下電器 0110010317
三菱重工神戸 0000000202
1 義積
2 光武
3 大庭
4 横山
5 宮田
6 DH 庄野
7 吉田
8 石丸
9 石井
バッテリー
大西雅之、鈴木雄治、新井勇太郎、西川雅人 - 石丸太志、高墳幸司
相手バッテリー
田中、山本隆司、佐々木、吉田知 - 新田
本日のオープン戦は昨年度日本選手権覇者松下電器。当所先発大西は調子が今イチながらも真っすぐチェンジアップなどを低めに集め五回2失点の及第点。不用意に入った初球を痛打された事などは悔いが残る所か。打線はここ一本が出ず七回終って5対0。八回裏ランナー二人を置いて吉田がレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打で2点を帰し7対2で迎えた九回、ワンアウト満塁まで反撃したが後続が討ち取られゲームセット、試合後バッテリー陣はビデオで今日の配球をチェック、次の試合へ向け闘志をむき出し、目をぎらつかせていた。
   





2006/4/18 オープン戦 三菱重工神戸×JFE西日本
チーム 123456789
JFE西日本 1000110205
三菱重工神戸 0002100104
1 山城
2 楠本
3 野間
4 横山
5 宮田
6 DH 唐須
7 吉田
8 増田
9 石井
バッテリー
松田克也、新井勇太郎、鈴木雄治、西川雅人 - 増田勝洋
相手バッテリー
成光、管崎、陶山、山村 - 谷、小谷
本日の当所の先発は松田。松田は初回討ち取った打球が内野安打になり一点を先制されるも4回楠本、野間の連続ヒット、そしてチャンスにめっぽう強い宮田が得意の左中間流し打ち二塁打で逆転に成功、しかし四球とヒットから逆転を許し結果5対4で逆転負け。20日の松下戦へ向けて帯を締め直した。そんな中一際目を引いたのは若手の楠本、野間の二人だ!楠本はシャープなスイングから3安打の固め打ちを見せれば対する野間も同点の8回3塁線を強烈に破る二塁打を含むこちらも負ける気せん!とアピールの2安打。辛い冬を乗り越えたこの春、二見に若い力が続々と実って来た!
   





2006/4/3 オープン戦 三菱重工神戸×大阪ガス
チーム 123456789
大阪ガス 0001020205
三菱重工神戸 0002101026
1 義積
2 光武
3 大庭
4 横山
5 DH 庄野
6 吉田
7 盛田
8 石丸
9 石井
バッテリー
大西雅之、西川雅人、鈴木雄治、木林敏郎 - 石丸太志、増田勝洋
相手バッテリー
山田、宮川、榎本、坂本、金原 - 小野
静岡大会までの最後のオープン戦は近畿の強豪大阪ガス。試合は当所大西と大阪ガス山田の投げ合い先行したのはガス、4回不運なヒットから一点を取られ嫌なムードが漂ったがその裏光武、横山、庄野のタイムリーなどで逆転に成功!その後両チーム点を取り合い一点ビハインドの九回スコアを付けていた私もひしひしとそんな予感はしておりました。先頭の代打野間がレフト線へ技ありの二塁打!1アウト2、3塁大庭の内野ゴロでまず同点、最後は庄野の内野ゴロをサードが一塁へ暴投、サヨナラ勝!春先とは言え今だ無敗の三菱トレイン!静岡でも連勝街道はまだまだ、そしてなおまだ続く!!
   


  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP