三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
試合結果

2006/5/31 オープン戦 三菱重工神戸×王子製紙
チーム 123456789
王子製紙 0002511009
三菱重工神戸 0100000214
1 義積
2 光武
3 大庭
4 横山
5 DH 庄野
6 宮田
7 盛田
8 石井
9 高墳
バッテリー
大西雅之、松田克也、赤木貫人、鈴木雄治、西川雅人 - 高墳幸司、石丸太志
相手バッテリー
蓬莱、伊東 - 鈴木、川上
本日先発の大西は3回まで粘りのある投球で一巡を押さえたが、4回2アウトから相手のクリーンアップに3連打され逆転を許す。流れを断ちたい状況で5回から松田にマウンドを託すが、四球とヒットが絡み手痛い5失点。その後も追加点を許し9−1とワンサイドの展開になんとか奮起したい攻撃陣は、8回代打吉田がレフト前で出塁!続く義積が右中間スリーベースヒットを放ち1点追加!9回には途中交替の石丸がタイムリーを放ち、なんとか意地を見せた。後半の粘りを明日の西濃運輸戦に繋げたいところだ。
   





2006/5/26 オープン戦 三菱重工神戸×三菱長崎
チーム 123456789
三菱長崎 0000000011
三菱重工神戸 10000001×2
1 義積
2 大庭
3 DH 庄野
4 横山
5 宮田
6 盛田
7 山城
8 倉繁
9 石丸
バッテリー
西川雅人、鈴木雄治、大西雅之、木林敏郎 - 高墳幸司
相手バッテリー
手嶋、山中 - 川本、杉野、宮本
先発西川はMAX145キロのストレートと変化球を丁寧に投げ分け三菱長崎打線を六回まで完璧に封じ込めた!その後鈴木−大西に繋げ万全の継投で得点を与えず回は終盤、一回に宮田のレフト前打で奪った一点と八回に貴重な追加点となる盛田のセンター前打で2−0とし、逃げ切りたい所だが、長崎打線がが食い下がる。九回先頭に四球を与えヒットと送りバントで一死二三塁。ここで守護神木林をマウンドに!相手も代打で応戦!一打同点の緊迫の場面。初球をセンターに返され一点差。ピンチは続くが、さすが木林、最後はダプルプレーで撃ち取り試合終了。
   





2006/5/25 オープン戦 三菱重工神戸×ホンダ鈴鹿
チーム 123456789
ホンダ鈴鹿 00050224013
三菱重工神戸 3001001005
1 義積
2 大庭
3 庄野
4 横山
5 DH 宮田
6 盛田
7 吉田
8 石井
9 石丸
バッテリー
松田克也、鈴木雄治、赤木貫人、木林敏郎 - 石丸太志、増田勝洋、唐須信哉
相手バッテリー
西村、副島、家原、児玉、松岡 - 西崎、中澤
初回4連打を含む怒濤の攻撃で3点を先制し、一方的な展開になるかと思われたが、終わってみれば5−13と今季最多失点を与え惨敗。3回まで順調に回を重ねていた松田だったが、4回突如乱れ連打を浴びる。一挙5点を許し逆転されると、代わった鈴木・赤木も相手の勢いを止めることが出来ず炎上。良い形で3点を先制しただけに活かせなかったバッテリーに悔いが残る。明日は投打の噛み合ったナイスゲームをお届けできますよう頑張ります。
   





2006/5/19 オープン戦 三菱重工神戸×新日本石油エネオス
チーム 123456789
三菱重工神戸 0010001002
新日本石油エネオス 10501100×8
1 野間
2 石井
3 大庭
4 DH 宮田
5 庄野
6 吉田
7 盛田
8 山城
9 増田
本塁打
盛田祥次
バッテリー
木林敏郎、鈴木雄治、大西雅之 - 増田勝洋、石丸太志
相手バッテリー
田澤、岩田 - 山田、池田
先発木林は初回先頭の池辺に本塁打を浴び先制を許す。三回表、盛田に同点本塁打が飛び出し振り出しに戻すが、その裏エネオスの攻撃、先頭打者に本塁打を放たれ再びリードを許す。リズムを崩し後続を断つことが出来ない木林はこの回5失点を許し降板。その後を受けた鈴木・大西だが、粘りながらも両投手共にソロ本塁打を許し、加点される。
なんとか追い付きたい攻撃陣だが、先発田澤を攻略できず4安打に封じ込められた。
投打が噛み合わず、痛い敗戦となったが、神戸へ戻り気持ちを切り替えて次のゲームに望んでいきたい。
   





2006/5/18 オープン戦 三菱重工神戸×東芝
チーム 123456789
三菱重工神戸          0
東芝          0
本日の東芝とのオープン戦は雨天中止となりました。
明日は激戦区神奈川の強豪、新日本石油エネオスとの対戦となっております。
ご声援宜しくお願いします。
   





2006/5/17 オープン戦 三菱重工神戸×鷺宮製作所
チーム 123456789
三菱重工神戸 2004012009
鷺宮製作所 0210100004
1 義積
2 光武
3 大庭
4 DH 庄野
5 吉田
6 盛田
7 石丸
8 石井
9 倉繁
本塁打
盛田祥次、義積 司
バッテリー
鈴木雄治、松田克也、赤木貫人、木林敏郎 - 石丸太志、増田勝洋
相手バッテリー
田沢、川合、佐藤、川野、小高 - 秋山、金本
初回エラー・四球・WPが絡みノーヒットで労せず二点を先制。三菱ペースと思われたが、二回先発の鈴木が捕まり同点。三回には逆転を許してしまう。しかし、マウンドで苦しむ鈴木を打線がほっておくはずが無い!四回盛田が同点のソロを放ち先発を引きずり降ろすと、二番手川合の代わり鼻を石井・倉繁がヒットでつなぎ打席には当たっている義積。一気に責め崩したいこの場面。打球は右中間への2試合連発となる逆転3ランホームラン!打撃陣が奮起した。その後駄目押しも加え、良い形で勝利できた。
   





2006/5/11 オープン戦 三菱重工神戸×ニチダイ
チーム 123456789
ニチダイ 0000000101
三菱重工神戸 11102001×6
1 義積
2 光武
3 大庭
4 横山
5 DH 庄野
6 吉田
7 盛田
8 石井
9 石丸
本塁打
義積 司
バッテリー
西川雅人、鈴木雄治、松田克也、赤木貫人、木林敏郎 - 石丸太志、増田勝洋
相手バッテリー
阿久津、西岡 - 川邊
初回、先頭の義積が左中間に突き刺さる特大ホームラン!(推定140b)で先制。二回には吉田のセンター前ヒットで二点目、更に三回にも吉田がライトオーバーを放ち三点目!守備でも軽快にゴロを捌き攻守に活躍を見せた。序盤にリードを貰った投手陣は、小刻みな継投であったが、どの投手も低めを丁寧に突きニチダイ打線を封じた。8回には今期初登板となる赤木がマウンドに!頼れる右の本格派が帰ってきた。投手陣の充実がトーナメントを勝ち上がる最大の要素!一人たりとも欠かす訳にはいかない。今後の活躍にチームも期待を寄せている。
   





2006/5/10 オープン戦 三菱重工神戸×JR四国
チーム 123456789
JR四国          0
三菱重工神戸          0
本日のオープン戦は雨天中止となりました。 皆様日頃の応援、誠に有り難うございます。いよいよ都市対抗兵庫地区予選まで残す日にちも四十数日となりました。監督、コーチ、選手が一丸となり代表権獲得という第一目標に向かい全力で突っ走って行く構えでおります。皆様の暖かいご声援が力になり励みになります。これからも三菱重工神戸硬式野球部を宜しくお願いいたします。
   


  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP