三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
試合結果

2008/3/24 春季県大会 三菱重工神戸×新日鉄広畑
チーム 123456789
三菱重工神戸 0000200002
新日鉄広畑 20010010×4
1 横山
2 石上
3 盛田
4 宮田
5 DH 友次
6 庄野
7 黒川
8 倉繁
9 向井
本塁打
横山憲一
バッテリー
渡邊一史、湯浅雄仁、山本哲哉 - 向井知之
相手バッテリー
池田、和田 - 筧
本日、春季県大会決勝戦。対戦相手は新日鉄広畑。結果は2対4で負けました。(試合展開)当所先発は若きエース渡邊。渡邊は立ち上がりを攻められ、初回に2点を失い、立ち直りかけた4回にはヒットと四球でランナーを溜めるとタイムリーを打たれ降板。2番手湯浅は最速144キロの速球で流れを引き戻しかけたが、7回に甘く入った変化球を右中間へ三塁打されたところで3番手山本へ交代。山本は犠牲フライこそ打たれたものの、その後はナイスピッチングで耐えた。打撃陣は前半相手投手に要所を締められ苦しい展開が続いたが、5回に横山がランナーを一人置いた場面で、目の覚めるような場外ホームランで、1点差に詰め寄るが、以降相手投手に巧く交わされ、逆転できず試合終了を向かえた。今日の試合で得た課題を今後に活かして、更に強いチームを目指して頑張って参りますので、引き続きご声援宜しくお願いします。なお、今大会の敢闘賞に横山選手が選ばれました。次の試合は、3月27日オープン戦。東濃大生産学部となっております。
   





2008/3/23 春季県大会 三菱重工神戸×関西メディカル
チーム 123456789
三菱重工神戸 00010232 8
関西メディカル 00000000 0
1 横山
2 石上
3 DH 盛田
4 宮田
5 友次
6 庄野
7 黒川
8 野間
9 向井
本塁打
石丸太志
バッテリー
松田克也、玉峰勇輔 - 向井知之
相手バッテリー
長谷川、吉岡、池嶋、今野 - 田
本日、春季県大会二回戦。対戦相手は関西メディカル。試合は8対0(8回コールドゲーム)で当所の勝利!
(試合展開)当所先発投手は松田。松田は初回、MAX143キロの速球で、3者連続三振と最高の立ち上がりをみせ、その後も要所をダブルプレー等で切り抜け6回を無失点。2番手は新人の玉峰。玉峰は多彩な変化球で相手打者を翻弄し2回を無失点と好投。
打者陣は3回まで1安打と抑え込まれていたが、4回に押し出しで1点を先制。6回にはチャンスに代打石丸。石丸は期待に応える2点本塁打を放ちリードを広げた。続く7回にも連打、四球等を絡め3点を奪い、8回はキャプテン宮田の2点タイムリーで試合を決めた!
今日は投打の噛み合った好ゲームだった。特に途中出場した選手の活躍が目立った。
明日はいよいよ決勝戦です。対戦相手は新日鐵広畑と全播磨の勝者となります。12時試合開始予定。
引き続き熱いご声援をよろしくお願い致します。O
   





2008/3/22 春季県大会 三菱重工神戸×阪神ベースボールクラブ
チーム 123456789
阪神ベースボールクラブ 0000010001
三菱重工神戸 00001302×6
1 横山
2 石上
3 盛田
4 宮田
5 DH 友次
6 庄野
7 黒川
8 野間
9 向井
本塁打
盛田祥次
バッテリー
山本哲哉、湯浅雄仁 - 向井知之
相手バッテリー
小椋、金崎 - 奥山
本日今年最初の公式戦。初戦の相手は阪神BC。見事6対1で当所の勝利!
<試合展開>当所先発ピッチャーは新人の山本。山本は6回1/3を投げ、6安打1失点7奪三振と試合を作り、先発投手としての役割をきっちり果たした!後を受けた新人湯浅も気迫の投球で2回2/3を無失点と好投した。打線は序盤こそ相手投手を打ち倦んだが、5回に横山のタイムリーで先制すると、6回には盛田の豪快な一発で追加点を奪い、友次、庄野、黒川の3連打で2点を追加。更に8回にも2点を追加し試合を決めた!今日は粘り負けず、勝ちを手にしたナイスゲームだった。
明日は二回戦となります。対戦相手は関西メディカル。10時試合開始予定。
引き続き熱いご声援をよろしくお願い致します。O
   





2008/3/10 プロ・アマ交流戦 三菱重工神戸×ソフトバンクホークス
チーム 123456789
ソフトバンクホークス 0001000012
三菱重工神戸 0000100001
1 石上
2 黒川
3 DH 友次
4 宮田
5 横山
6 庄野
7 盛田
8 野間
9 向井
バッテリー
渡邊一史、湯浅雄仁、木林敏郎 - 向井知之、唐須信哉
相手バッテリー
高橋、川頭、山村 - 加藤
当所先発ピッチャーは左腕渡邉。渡邉は6回1失点と試合をつくると、続く新人湯浅が2回を投げ2奪三振と内野ゴロ4つと相手打線を抑えた。9回登板の木林は先頭打者に本塁打を許してしまうも、後続をきっちりと抑えた。
打撃面では相手投手から9四死球を奪いチャンスをつくるも相手守備の巧守に阻まれ、1得点という内容だった。
次のオープン戦の予定は明日、3月11日に朝日大学戦を予定しております。引き続き当所硬式野球部に温かいご声援をよろしくお願い致します。
   


  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP