三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
試合結果

2008/9/16 日本選手権一次予選 三菱重工神戸×新日鐵広畑
チーム 123456789
三菱重工神戸 1042000018
新日鐵広畑 1010030005
1 石上
2 黒川
3 DH 石丸
4 宮田
5 横山
6 友次
7 野間
8 山城
9 向井
バッテリー
木林敏郎、湯浅雄仁、山本哲哉、玉峰勇輔 - 向井知之
相手バッテリー
池田、和田 - 石原
日本選手権兵庫予選決勝、対新日鐵広畑戦。当所先発ピッチャーは木林。木林は2回3分の2を1失点。代わった湯浅はタイムリーヒットを打たれ1失点。3回のピンチで登板の山本はこの回をナイスピッチングで切り抜けるも6回に捕まり3失点。7回から登板の玉峰は3イニングを1安打に抑える好投で試合を締めた。打撃面では初回石丸のタイムリーで先制すると、3回には石上、黒川がヒットでチャンスメークすると横山、野間がタイムリーを放ちこの回4点。4回には宮田のタイムリー、横山の犠牲フライで2点を追加した。そして9回には横山のタイムリーで1点を加え試合を決めた。この大会で優勝し近畿二次予選進出を決めました。なお、この大会の最高殊勲選手に横山憲一内野手がそして打撃賞に石上輝幸外野手が選ばれました。
   





2008/9/14 日本選手権一次予選 三菱重工神戸×阪神ベースボールクラブ
チーム 123456789
三菱重工神戸 3042037  19
阪神ベースボールクラブ 0000000  0
1 石上
2 黒川
3 DH 石丸
4 宮田
5 横山
6 友次
7 野間
8 山城
9 向井
バッテリー
玉峰勇輔、松田克也、大西雅之 - 向井知之、八木賢吾
相手バッテリー
小椋、金崎 - 奥山
本日、日本選手権兵庫予選2回戦。当所先発ピッチャーは玉峰。玉峰は5回を投げ相手打線をノーヒットに抑える好投を披露。続く6回は松田。7回は大西が好投を見せ試合を締めた。打撃面では初回宮田の2点タイムリーを皮切りにこの試合、19安打、19得点の猛攻を見せた。石上2安打、黒川2安打、石丸1安打、宮田2安打、横山2安打、友次2安打、野間1安打、向井1安打、掛布1安打、盛田1安打、石井1安打、楠本2安打、八木1安打の内容だった。次の試合の予定は9月16日、日本選手権兵庫予選決勝です。引き続き当所硬式野球部に温かいご声援をよろしくお願い致します。
   





2008/9/13 日本選手権一次予選 三菱重工神戸×神戸レールスターズ
チーム 123456789
神戸レールスターズ 0000000000
三菱重工神戸 10200200×5
1 石上
2 黒川
3 DH 石丸
4 宮田
5 横山
6 友次
7 野間
8 山城
9 向井
バッテリー
渡邊一史、松田克也、湯浅雄仁、大西雅之 - 向井知之、八木賢吾
相手バッテリー
松井 - 林
本日、日本選手権兵庫予選一回戦。当所先発ピッチャーは渡辺。渡辺は4回を投げ無失点の好投。続く松田は2回を投げ無失点。続く湯浅は1回を無失点。最後は大西がしっかり試合を締めた。打撃面では初回石丸、宮田の連打と横山の死球でチャンスをつくると続く友次の死球で押し出しで1点を先制。3回には横山、友次の連続タイムリーで2点。6回にも山城の2点タイムリーで追加点を奪い試合を決めた。次の試合の予定は明日、二回戦、対阪神ベースボールクラブ戦です。引き続き当所硬式野球部に温かいご声援をよろしくお願い致します。
   





2008/9/5 都市対抗本大会 三菱重工神戸×JFE西日本
チーム 123456789
三菱重工神戸 0011000002
JFE西日本 00122000X5
1 石上
2 黒川
3 DH 石丸
4 宮田
5 横山
6 友次
7 庄野
8 倉繁
9 向井
本塁打
友次悠平
バッテリー
玉峰勇輔、湯浅雄仁、山本哲哉、木林敏郎 - 向井知之
相手バッテリー
陶山、野上、山村、山本 - 谷
序盤黒川のタイムリー、友次のソロホームランで試合を優位に進めたが、中盤以降は相手投手にうまくかわされ追加点を奪うことができなかった。先発玉峰は四球と死球で相手打線にチャンスを与え、リズムを作れなかった。続く湯浅、山本も苦しい投球となり、追加点を許し試合を決められた。ご声援ありがとうございました。
   





2008/9/3 都市対抗本大会 三菱重工神戸×日産自動車
チーム 123456789
三菱重工神戸 0100020205
日産自動車 0010000001
1 石上
2 黒川
3 DH 石丸
4 宮田
5 横山
6 友次
7 庄野
8 倉繁
9 向井
本塁打
横山憲一
バッテリー
木林敏郎、山本哲哉 - 向井知之
相手バッテリー
野上、秋葉、中野、林、太田 - 須田
先発木林は毎回ランナーを背負うもベテランらしい投球術で要所を締めた。2番手山本は新人離れした投球で相手にチャンスを与えず1安打に抑えた。打線は2回、横山のソロホームランで先制し、中盤、打線がつながり追加点を上げた。終盤、石丸、横山の連打でダメ押しの2点を奪い、試合を決定付けた。初戦快勝!2回戦も引き続き熱いご声援よろしくお願いいたします。
   


  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP