三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
試合結果

2010/4/27 オープン戦 三菱重工神戸×大和高田クラブ
チーム 123456789
大和高田クラブ 1002001  4
三菱重工神戸 100061×  8
1 津野
2 黒川
3 池田
4 横山
5 石丸
6 DH 友次
7 水江
8 八木
9 佐藤
本塁打
黒川栄次、水江賢太郎
バッテリー
守安玲緒、安井亮輔、玉峰勇輔 - 八木賢吾
相手バッテリー
山田、松嶋、田中 - 大志万、小山
京都大会前最後のオープン戦の相手は、大和高田クラブ。投手先発投手は守安。初回、タイムリーヒットを打たれ1点取られるも、3回を投げ1失点に抑える。4回からは安井が投げ、ソロホームランを打たれるなど2回2失点。6回からは玉峰が、2回を1失点に抑える。攻撃陣は初回、黒川がソロホームランを放ち同点に追いつくと、5回に横山の犠飛と水江のスリーランホームランなど6点を奪い逆転に成功する。試合は7回降雨コールドで勝利。。今後とも御声援よろしくお願いします。
   





2010/4/24 オープン戦 三菱重工神戸×パナソニック
チーム 123456789
三菱重工神戸 1100000002
パナソニック 00301000×4
1 津野
2 DH 友次
3 池田
4 横山
5 石丸
6 黒川
7 水江
8 八木
9 佐藤
バッテリー
平 武士、湯浅雄仁、玉峰勇輔 - 八木賢吾
相手バッテリー
山本、田井、相木、田中 - 大久保
オープン戦の相手は、パナソニック。初回、津野・友次の連続ヒットでチャンスを作り、池田がきっちりレフトへ犠飛を放ち1点を先制する。2回にも1点を奪い有利にゲームを進める。投手先発投手は平。初回・2回と無失点に抑えるも、3回に相手打線につかまり1点を取られたところで湯浅に交代。湯浅はエラーから2点を取られるも後続を抑える。しかし5回に、湯浅がタイムリーを打たれ2点差に広がる。6回からは玉峰が、3イニングを無失点に抑える好投をみせる。一方、攻撃陣は3回以降相手投手陣に抑えられ得点を奪えないまま最終回へ。ランナーを出すも無得点に抑えられ敗退。今後とも御声援よろしくお願いします。
   





2010/4/23 オープン戦 三菱重工神戸×関西メディカル
チーム 123456789
関西メディカル 1000001002
三菱重工神戸 00010030×4
1 津野
2 佐藤
3 池田
4 横山
5 石丸
6 黒川
7 水江
8 DH 山城
9 向井
バッテリー
村山拓郎、落合啓晃、玉峰勇輔 - 向井知之
相手バッテリー
松本 - 井手
オープン戦の相手は、関西メディカルスポーツ学院。投手先発投手は村山。初回タイムリーヒットを打たれ1点失うも要所を締め、5回を投げ1失点と試合を作る。攻撃陣はチャンスを作るも得点を奪えないまま4回、先頭の向井がヒットで出塁しチャンスを作ると、水江の犠飛で同点に追いつく。6回は落合が無失点に抑えるも、7回にタイムリーを打たれ逆転される。攻撃陣は7回、チャンスで佐藤と横山がタイムリーヒットを放ち3点を奪い逆転する。8回からは玉峰が、2回を無失点に抑え勝利。今後とも御声援よろしくお願いします。
   





2010/4/9 オープン戦 三菱重工神戸×NOMOクラブ
チーム 123456789
NOMOクラブ 0000000000
三菱重工神戸 01003000×4
1 山城
2 津野
3 池田
4 横山
5 石丸
6 黒川
7 DH 友次
8 佐藤
9 八木
本塁打
横山憲一、八木賢吾
バッテリー
守安玲緒、平 武士、落合啓晃、湯浅雄仁、木林敏郎 - 八木賢吾
相手バッテリー
家島、筑紫、寺谷、石田 - 飯田
日立大会前最後のオープン戦の相手は、NOMOクラブ。当所先発投手は守安。初回から危なげないピッチングを披露し、6回を投げ無失点と好投をみせる。7回から登板の平がピンチを迎えるも、落合が無失点に抑える。8回途中からは湯浅が登板し、無失点に抑え、最終回はベテラン木林が無失点に抑え完封リレー。打撃陣は2回に、横山がソロホームランを放ち先制すると、5回には八木がツーランホームランを放つなど3点を追加し快勝。日立大会もこの勢いで頑張りますので、今後とも当所硬式野球部への御声援よろしくお願いします。
   





2010/4/6 オープン戦 三菱重工神戸×NTT西日本
チーム 123456789
三菱重工神戸 1010001003
NTT西日本 01003032×9
1 津野
2 山城
3 池田
4 横山
5 石丸
6 DH 黒川
7 水江
8 向井
9 佐藤
本塁打
山城由嗣
バッテリー
安井亮輔、湯浅雄仁、守安玲緒、木林敏郎 - 向井知之、八木賢吾
相手バッテリー
姫野、津田、竹林、田邉 - 越智、田中
オープン戦の相手は、NTT西日本。初回、相手投手の立ち上がりを攻め、横山のタイムリーヒットで先制点を奪う。当所先発投手は安井。2回にソロホームランを浴び同点に追いつかれるも、3回に横山が再びタイムリーヒットを放ち逆転。5回ピンチを迎え、湯浅にマウンドを譲るもタイムリーヒットを浴び逆転される。7回山城がソロホームランを放ち1点差に迫るもその裏に守安が3点奪われ万事休す。日立大会に向け頑張りますので、今後とも当所硬式野球部への御声援よろしくお願いします。
   


  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP