三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
試合結果

2013/4/29 京都大会 三菱重工神戸×パナソニック
チーム 123456789
パナソニック 0001100002
三菱重工神戸 0000000011
1 那賀
2 津野
3 黒川
4 DH 大島
5 宮崎
6 成松
7 石上
8 森山
9 小松
バッテリー
安井亮輔、中山勇也、飛嶋真成 - 森山 誠
相手バッテリー
四丹 - 足立
京都大会、リーグ3戦目の対戦相手はパナソニック。

当野球部の先発は安井。
初回、直球主体の投球で三者凡退に抑える上々の立ち上がりをみせる。4回、先頭からの連打と四球で0アウト満塁となり、2アウト満塁までこじつけるものの、押し出し四球を与え、1点先制される。5回、またも先頭から連打を打たれ、1アウト1・3塁のピンチを迎えたところで安井に代わって、中山が登板する。しかし、次打者に犠牲フライを打たれ、1点追加される。その後は、リズムの良い投球で凡打の山を築き、8回まで無失点に抑える。9回を飛嶋が登板し、三者凡退に抑え、攻撃陣の奮起を促す。

攻撃陣は、再三の好機をものにできず、9回無得点に抑えられていたものの、9回に1アウトから宮崎が安打で出塁し、代打 横山の安打で1・3塁のチャンスを作ると森山の適時打で1点返す。追い上げをみせるが、後続が抑えられ、試合終了。

1対2にて当野球部の敗戦。
リーグ戦成績は、3敗となり、予選リーグ敗退となった。
引き続き応援よろしくお願いします。
   





2013/4/28 京都大会 三菱重工神戸×シティーライト岡山
チーム 123456789
三菱重工神戸 1000001103
シティーライト岡山 10000410×6
1 那賀
2 津野
3 黒川
4 DH 大島
5 宮崎
6 石丸
7 石上
8 森山
9 小松
本塁打
森山 誠
バッテリー
守安玲緒、飛嶋真成 - 森山 誠
相手バッテリー
星山、加治屋、寺田 - 藤井
京都大会、リーグ2戦目の対戦相手はシティーライト岡山。

当野球部の先発は守安。
初回、先頭に安打を浴び、1アウト2塁となった後、相手3番の適時2塁打で同点に追いつかれる。立ち直りをみせ、5回まで無失点に抑えるが、6回に先頭から3連打を浴び、0アウト満塁となり、相手3番に満塁本塁打を浴び、4失点し、逆転を許す。7・8回を飛嶋が登板するも7回に3本の安打を集められ、1点追加される。

攻撃陣は、初回に2アウトから内野守備の乱れで黒川が出塁し、大島の適時2塁打で1点先制する。逆転された直後の7回、2アウトから森山の本塁打で1点返す。8回、代打 池田の死球と黒川・大島の連打で、1アウト満塁のチャンスを作り、宮崎の犠牲フライで1点返す。しかし、9回を三者凡退に抑えられ、試合終了。

3対6にて当野球部の敗戦。
リーグ戦成績は、2敗となった。

明日は皇子山球場にて、パナソニックとリーグ3戦目を14時より行います。
引き続き応援よろしくお願いします。
   





2013/4/27 京都大会 三菱重工神戸×セガサミー
チーム 123456789
セガサミー 0020000002
三菱重工神戸 0001000001
1 那賀
2 津野
3 黒川
4 DH 大島
5 宮崎
6 石丸
7 八木
8 森山
9 石上
バッテリー
安井亮輔、堀田健吾、湯浅雄仁 - 森山 誠、向井知之
相手バッテリー
大山 - 乗替
京都大会、リーグ1戦目の対戦相手はセガサミー。

当野球部の先発は安井。
初回から制球力良く、テンポの良い投球で相手打線を抑える。3回、簡単に2アウトを取るものの、そこから3連打を浴び、2点先制される。安井は6回を投げ、4安打2失点に抑え、試合を作る。その後、3回を堀田ー湯浅の継投で無失点に抑える。

攻撃陣は、4回に先頭の津野が四球で出塁し、犠打とバッテリーミスで1アウト3塁となった後、大島の適時打で1点を返す。しかし、その後はチャンスを作るものの、相手投手を攻略できず、無失点に抑えられる。

1対2にて当野球部の敗戦。
リーグ戦成績は1敗となった。

明日はわかさスタジアムにて、シティーライト岡山とリーグ2戦を11時30分より行います。
引き続き応援よろしくお願いします。

   





2013/4/14 日立大会 三菱重工神戸×日立製作所
チーム 123456789
日立製作所 0000000000
三菱重工神戸 0000001203
1 那賀
2 津野
3 黒川
4 DH 大島
5 八木
6 石丸
7 宮崎
8 森山
9 石上
バッテリー
守安玲緒 - 森山 誠
相手バッテリー
梅野、斎藤 - 大森、上村
日立大会、決勝の相手は日立製作所。

決勝の先発は守安。
前回登板同様に立ち上がりから、制球力良く、凡打の山を築く。中盤、終盤も球威は衰えず、守備陣も好守で守安をもり立て、6安打完封にてエースの貫禄をみせつけた。

攻撃陣は、相手投手の緩急を使った投球に序盤、苦戦を強いられる。7回、1アウトから代打 池田の四球と津野、宮崎の連打で1アウト満塁のチャンスを作り、森山の犠牲フライで待望の先制点を奪う。8回、先頭の那賀が安打で出塁し、2アウト1・2塁となった後、代打 水江の適時打と途中出場の成松の適時打で2点追加する。

3対0にて当野球部の勝利。

この結果により、日立大会初優勝を飾り、10月末から開催される日本選手権大会の出場権を獲得した。

引き続き応援よろしくお願いします。
   





2013/4/13 日立大会 三菱重工神戸×鷺宮製作所
チーム 123456789
三菱重工神戸 0100010002
鷺宮製作所 0000000000
1 那賀
2 津野
3 黒川
4 DH 大島
5 八木
6 石丸
7 宮崎
8 森山
9 石上
本塁打
成松優志
バッテリー
守安玲緒 - 森山 誠
相手バッテリー
高橋、高山、赤間 - 永松
日立大会、予選リーグ3戦目の相手は鷺宮製作所。

勝てば、準決勝進出が決まる大事な一戦の先発は守安。初回から制球力抜群の投球を披露し、それを守備陣が好守で盛りたてる理想的な展開で試合を進める。守安は、9回を投げきり、被安打3 失点0の完封で相手打線を封じ込めた。

攻撃陣は、2回に先頭から石上のバント安打と津野の安打で0アウト1・3塁のチャンスを作り、黒川のセフティースクイズで、1点先制する。6回、途中出場の成松の本塁打で1点追加する。

2対0にて当野球部の勝利。
リーグ成績を2勝1敗とし、同リーグの西濃運輸と勝率で並んだが、直接対決で西濃運輸に勝っているため、当野球部がリーグ1位となり、準決勝進出を決めた。

引き続き応援よろしくお願いします。

   





2013/4/12 日立大会 三菱重工神戸×西濃運輸
チーム 123456789
三菱重工神戸 0100000012
西濃運輸 0010000001
1 那賀
2 津野
3 黒川
4 DH 大島
5 八木
6 石丸
7 宮崎
8 森山
9 石上
バッテリー
水谷俊介 - 森山 誠
相手バッテリー
前田 - 田原
日立大会、予選リーグ2戦目の相手は西濃運輸。

当野球部の先発は水谷。リズムの良い、緩急自在の投球で上々な立ち上がりをみせる。3回、内野守備の乱れから出塁を許すと、適時2塁打を浴び、1点失う。その後は安定した投球で凡打の山を築き、9回を投げきり、被安打2 失点1の完璧に近い投球で相手打線を封じ込めた。

攻撃陣は、2回に先頭の大島の2塁打でチャンスを作り、石丸の適時打で1点先制する。その後、相手投手を攻略できず、苦しい展開が続くものの、9回に先頭、途中出場の池田が安打で出塁し、2アウト2塁となった後、代打 横山の適時2塁打で1点勝ち越しに成功する。

2対1にて当野球部の勝利。
リーグ成績は1勝1敗となった。

引き続き応援よろしくお願いします。
   





2013/4/11 日立大会 三菱重工神戸×富士重工業
チーム 123456789
三菱重工神戸 0000000  0
富士重工業 2010005  8
1 那賀
2 津野
3 黒川
4 DH 大島
5 八木
6 宮崎
7 成松
8 森山
9 佐藤
バッテリー
守安玲緒 - 森山 誠
相手バッテリー
柳沢、吉田 - 唐谷
日立大会、予選リーグ1戦目の相手は富士重工業。

当野球部の先発は守安。初回に相手4番の2点本塁打で2点先制される。3回、先頭に2塁打を浴び、1アウト3塁となった後、犠牲フライで1点追加される。7回、2アウト2塁から適時2塁打を浴び、1点追加される。その後、満塁となり、相手3番に満塁本塁打を浴び、この回、5失点。

攻撃陣は、散発3安打に抑えられ、見せ場無く、試合終了。

0対8にて当野球部の7回、コールド負け。リーグ戦初戦を白星で飾ることができなかった。

引き続き応援よろしくお願いします。

   





2013/4/2 プロ・アマ交流戦 三菱重工神戸×阪神タイガース2軍
チーム 123456789
三菱重工神戸 0001100103
阪神タイガース2軍 00100000×1
1 成松
2 津野
3 八木
4 DH 大島
5 宮崎
6 黒川
7 那賀
8 石上
9 森山
本塁打
津野祐貴
バッテリー
守安玲緒、安井亮輔、水谷俊介 - 森山 誠
相手バッテリー
歳内、清原、伊藤 - 清水、岡崎、橋本
プロ・アマ交流戦の相手は阪神タイガース2軍。

当野球部の先発は守安。
3回に2アウトから3連打を浴び、1点失うものの7回を投げ、1失点に抑える好投をみせ、試合をつくる。その後、8回を水谷、9回を安井がテンポの良い投球で無安打無失点に抑える。

攻撃陣は、1点先制された直後の4回、1アウト1・2塁のチャンスを作り、那賀の適時打で同点に追いつく。6回、2アウトから津野の本塁打で逆転に成功する。7回、1アウト満塁のチャンスを作り、宮崎の犠牲フライで1点追加する。

3対1にて当野球部の勝利。
引き続き応援よろしくお願いします。
   


  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP