三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
試合結果

2013/11/17 兵庫県知事杯 三菱重工神戸×新日鐵住金広畑
チーム 123456789
新日鐵住金広畑 0010005006
三菱重工神戸 0010001013
1 石上
2 小松
3 大島
4 DH 水江
5 成松
6 黒川
7 森山
8 八木
9 津野
本塁打
津野祐貴
バッテリー
守安玲緒、水谷俊介、飛嶋真成 - 森山 誠
相手バッテリー
梶本 - 島内
兵庫県知事杯決勝の相手は、新日鐵住金広畑。

当野球部の先発は守安。1・2回を制球力の良い投球で打たせて取り、無失点に抑える。3回、先頭を外野手のエラーで出塁させ、その後、2つの四球で満塁のピンチを迎えると、相手3番の適時打で1点先制される。その後は、立ち直りをみせ、7回まで無失点に抑える。7回、簡単に2アウトを取るも、5連打を浴び、3点追加される。ここで、当野球部の投手は水谷に交代。しかし、流れを変えられず、適時3塁打を浴び、2点追加される。8・9回を飛嶋が無失点に抑える好投をみせ、攻撃陣の奮起を促す。


攻撃陣は、先制を許した後の3回、1アウトから津野の本塁打で同点に追いつく。逆転を許した後の7回、八木・津野の連打と小松の四球で、1アウト満塁のチャンスを作り、大島の犠牲フライで1点返す。9回、先頭の津野が3塁打で出塁し、代打 池田の犠牲フライで1点返すものの、反撃及ばず、試合終了。

3対6にて当野球部の敗戦。
この結果により、4年振りの優勝は叶わず、準優勝におわった。
この大会におきまして、球場に足を運んでくださった皆様、ご声援くださった皆様、誠に有り難うございました。今後とも、当野球部への温かいご声援よろしくお願い致します。

【表彰選手】
敢闘賞 成松 優志
優秀賞 津野 祐貴
   





2013/11/16 兵庫県知事杯 三菱重工神戸×関西メディカルスポーツ学院
チーム 123456789
三菱重工神戸 0011000305
関西メディカルスポーツ学院 0001000023
1 石上
2 小松
3 大島
4 DH 水江
5 成松
6 森山
7 佐藤
8 八木
9 宮崎
バッテリー
中山勇也、飛嶋真成 - 森山 誠、向井知之
相手バッテリー
松本、前仲 - 久保
兵庫県知事杯準決勝の相手は、関西メディカルスポーツ学院。

当野球部の先発は中山。
4回までテンポの良い投球で、無失点に抑える。4回、先頭に本塁打を浴び、1点返される。中山は、7回を投げきり、7安打浴びるものの、本塁打の1点のみに抑える粘りの投球をみせる。8回から飛嶋が登板し、9回に内野のミスから2失点するものの、後続を抑え、試合終了。

攻撃陣は、3回に2アウトから石上が2塁打でチャンスを作り、小松の適時打で1点先制する。4回、先頭の代打 那賀の四球・成松の安打・佐藤のバント安打で、1アウト満塁のチャンスを作り、八木の適時打で1点追加する。8回、先頭の小松・大島・那賀の3連打で、満塁のチャンスを作り、成松の適時2塁打で3点追加する。

5対1にて当野球部の勝利。
兵庫県知事杯決勝は、11月17日(日)10時より、明石トーカロ球場にて、新日鐵住金広畑 対 NOMOベースボールクラブの勝者と対戦致します。
皆様の温かいご声援よろしくお願い致します。
   





2013/11/14 兵庫県知事杯 三菱重工神戸×姫路獨協大学
チーム 123456789
姫路獨協大学 0000000000
三菱重工神戸 0000000011
1 佐藤
2 津野
3 大島
4 水江
5 森山
6 DH 石丸
7 那賀
8 八木
9 小松
バッテリー
堀田健吾、渡邊一史、水谷俊介 - 森山 誠
相手バッテリー
椎田 - 橋本
兵庫県知事杯1回戦の相手は、姫路獨協大学。

当野球部の先発は堀田。
7回を投げきり、5安打無失点に抑える粘りの投球をみせる。8回を渡辺が三者凡退に抑える好投をみせる。9回を水谷が、ランナーは出すものの、無失点に抑える。

攻撃陣は、9回まで相手投手の緩急をつけた投球の前に4安打に抑えられる。9回、先頭の森山が四球で出塁し、途中出場の石上が安打で繋ぎ、1アウト1・2塁のチャンスを作ると代打 池田の適時打で、サヨナラ勝ち。

1対0にて当野球部の勝利。
兵庫県知事杯準決勝は、11月16日(土)10時より、明石トーカロ球場にて、関西メディカルスポーツ学院 対 神戸学院大学の勝者と対戦致します。
皆様の温かいご声援よろしくお願い致します。


   





2013/11/5 日本選手権本大会 三菱重工神戸×富士重工業
チーム 123456789
三菱重工神戸 0000000000
富士重工業 30020000×5
1 石上
2 津野
3 黒川
4 池田
5 成松
6 大島
7 DH 水江
8 森山
9 宮崎
バッテリー
安井亮輔、中山勇也 - 森山 誠
相手バッテリー
柳沢、畠山 - 唐谷
日本選手権大会準々決勝の相手は、富士重工業。

当野球部の先発は安井。
初回、2本の安打を浴び、1アウト1・3塁のピンチを迎え、相手4番に2塁打を浴び、2点先制を許す。尚も、2アウト2塁から相手6番に2塁打を浴び、1点追加される。初回、3失点。3回、立ち直りをみせ、三者凡退に抑える。4回、1アウトから連打を浴び、2アウト2・3塁となった後、相手2番に適時打を浴び、2点追加される。5回、当野球部の投手は、安井に代わって、中山。三者凡退に抑える好投で、攻撃陣の奮起を促す。7回、先頭に安打を浴び、1アウト1・2塁のピンチを迎えるものの、後続を抑え、無失点。8回、ランナーは出すものの、粘りの投球で得点を許さず、9回の攻撃に繋げる。

攻撃陣は、初回、2アウトから黒川が四球で出塁するものの、無得点。3回、1アウトから石上がチーム初安打を放つものの、後続が抑えられ、無得点。4回、2アウトから大島の2塁打でチャンスを作るものの、後続が抑えられ、無得点。9回、なんとかチャンスを作りたいものの、三者凡退に抑えられ、試合終了。

0対5にて当野球部の敗戦。
この大会におきまして、球場に足を運んでくださった皆様、ご声援くださった皆様、誠に有り難うございました。
今後とも、当野球部への温かいご声援よろしくお願い致します。

   





2013/11/4 日本選手権本大会 三菱重工神戸×七十七銀行
チーム 123456789
三菱重工神戸 4300000018
七十七銀行 0000000000
1 石上
2 津野
3 黒川
4 DH 池田
5 成松
6 横山
7 森山
8 八木
9 宮崎
本塁打
横山憲一、黒川栄次
バッテリー
守安玲緒、飛嶋真成 - 森山 誠、向井知之
相手バッテリー
相原、松崎、植松 - 秋山
日本選手権大会2回戦の相手は、七十七銀行。

当野球部の先発は守安。
初回、三者凡退に抑える上々の立ち上がりをみせる。4回、初安打を許すものの、落ち着いた投球で、無得点に抑える。7回、2アウトから安打を許すものの、後続を内野の好守備で阻み、無得点に抑える。9回、好投の守安に代わって、飛嶋。
飛嶋が危なげない投球で、無得点に抑え、試合終了。

攻撃陣は、初回に2アウトから黒川が四球で出塁し、内野エラーで1・3塁のチャンスを作ると、成松の適時打で1点先制。尚も1・3塁のチャンスで、横山の3点本塁打が飛び出し、初回に4点先制。2回、先頭の石上が、内野安打で出塁し、1アウト2塁となった後、黒川の本塁打で2点追加。尚も、成松の四球と横山の安打で1・3塁のチャンスを作り、森山の適時打で1点追加。2回、3得点。9回、先頭の宮崎が安打で出塁し、石上の3塁打の間に本塁狙うもタッチアウト。2アウトとなった後、黒川の適時打で1点追加。

8対0にて当野球部の勝利。
準々決勝は、11月5日(火)15時より、京セラドーム大阪にて、富士重工業と対戦致します。
皆様の温かいご声援よろしくお願い致します。



  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP