三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
トピックス

第67回JABA京都大会 決勝トーナメント決勝の結果

打線は、3回に宮崎、渡邊の連打などで1アウト満塁のチャンスを作り、内野のエラーから2得点。
6回に2アウトから内野エラー、福田のヒットで1・2塁のチャンスを作り、代打 國久の2点タイムリー3塁打、渡のタイムリー2塁打で3得点。7回に黒川のタイムリーで1得点。9回に那賀のタイムリーで1得点。
9回までに13安打7得点。
投手陣は、先発の中山から尾松、山田、堀田、高橋、若竹と小刻みな継投で相手打線の猛攻を受けながらも粘り強い投球で9回を7得点で凌ぎ、延長戦に突入させる。

延長10回は両チーム無得点に終わり、延長11回より1アウト満塁から始まる大会特別ルール(打順選定)にて黒川が犠打を放ち1点勝ち越す。その裏、相手チームも犠飛にて1得点し、同点に追いつかれる。
12回、当野球部の攻撃はダブルプレーで無得点に終わる。その裏、なんとか凌ぎたいところであったが、犠飛にて1得点されサヨナラ負けとなった。
接戦の末、惜しくも準優勝に終わった。

8対9にて三菱重工広島に敗戦。

決勝トーナメント決勝の成績詳細はこちら。

【個人表彰選手】
敢闘賞:守安 玲緒
首位打者賞:福田 和弘(打率.500)

引き続き皆様の温かいご声援よろしくお願いいたします。

  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP