三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
トピックス

第89回都市対抗野球近畿地区2次予選 第1代表トーナメント1回戦の結果

大事な1回戦の相手は、ミキハウスベースボールクラブ。

投手陣は、技巧派左腕の佐藤が先発する。
予選独特の緊張感の中、立ち上がり簡単に2アウトを取るものの、内野守備の乱れから満塁のピンチを迎え、相手6番に適時打を浴び、先制点を許す。3回にも満塁のピンチを迎えるが、今度は丁寧に低めを投げ抜き、後続を抑え、ピンチを切り抜ける。佐藤は5回途まで投げ、粘りの投球で相手打線を1得点に抑える好投をみせる。
5回途中から登板の守安は、いきなり相手4番に安打を浴び、0アウト1・3塁のピンチを迎えると犠牲フライで1得点を許す。
7回、9回にも連打から得点を許すものの、最少失点で切り抜ける。13安打を浴びたが、佐藤・守安、両投手の粘りの投球が冴え、相手打線を4得点に抑える。

打線は、1点を追う3回に森山の2塁打から1アウト2・3塁のチャンスを作ると相手投手の 暴投と津野の犠牲フライで逆転に成功する。
逆転され1点を追う6回、2アウトから那賀が2塁打で出塁すると國久が初球に適時打を放ち、同点に追いつく。
続く7回にも1アウトから根来の四球と渡邊の安打に相手投手の暴投が絡み、1アウト2・3塁のチャンスを作ると津野が低めの変化球を粘り強く適時打にし、相手を突き放す2点を追加する。

シーソーゲームを制し、5対4にて当野球部の勝利!
第1代表トーナメント2回戦は、5月24日(木)舞洲ベースボールスタジアムにて13時00分から日本生命と対戦!

引き続き皆様の温かいご声援をよろしくお願いいたします。

第89回都市対抗野球近畿地区2次予選 第1代表トーナメント2回戦の結果はこちら

  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP