三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
トピックス

JABA四国大会 予選リーグ第2戦の結果

当野球部の対戦相手は、明治安田生命。

打線は、初回に先頭 根来の四球と敵失から根来・星の盗塁で0アウト2・3塁のチャンスを作り、藤原のレフトへの適時打で幸先よく2点を先制する。
1点を返された2回、先頭石田の安打からチャンスを作るとまたも藤原が適時打を放ち、1点を追加する。
その後は相手の継投策の前に追加点を奪うことができず、7回に逆転を許すも8回、先頭那賀が安打で出塁し、2アウト2塁のチャンスを作ると代打 木村がライト線にしぶとく適時打を放ち、同点に追いつく。

投手陣は強気の投球が持ち味の新人中田が先発する。
初回から制球が定まらない不安定な立ち上がりとなり、4回を投げ、4四死球を与えるなど厳しい状況であったが、要所を締め、2失点に抑え、中継ぎ陣にバトンを渡す。後を繋いだ伊吹・湯川・山田は、味方のエラーなどもあり、一時逆転を許すも全員が粘りある強気の投球をみせ、9回を同点で終え、延長戦に突入する。

延長10回より、0アウト1・2塁から始まる大会特別ルール(打順継続)にて、先攻の当野球部は、先頭藤原が四球を選び、0アウト満塁の絶好機を迎えるも後続が連続三振に倒れるなど無得点に終わる。その裏、抑えの高橋が登板し、気迫の投球で相手先頭を三振に抑えるも次打者に渾身の直球をライトへ痛打され、最後まで粘りを見せたがサヨナラ負けとなった。

4対5にて当野球部の敗戦。
予選リーグ第3戦は、4月7日(日)レグザムボールパーク丸亀にて11時30分から沖縄電力と対戦!

引き続き皆様の温かいご声援よろしくお願いいたします。

JABA四国大会 予選リーグ第2戦の結果はこちら。

  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP