三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
トピックス

JABA四国大会 予選リーグ第3戦の結果

当野球部の対戦相手は、沖縄電力。

打線は、初回に先頭 根来がレフトへの2塁打で出塁し、藤原の安打で1アウト1・3塁にチャンスを広げると津野が技ありの適時打を放ち、幸先よく1点を先制する。

2回、勢いづいている打線は木村・福田の連打から1アウト2・3塁のチャンスを作ると石田・星の新人コンビが適時打を放ち、さらに3点を追加する。
しかし、相手打線も猛攻をみせ、4回に追いつかれるも6回に福田の2塁打から2アウト2・3塁のチャンスを作り、またも星が左中間を破る値千金の適時3塁打を放ち、勝ち越しに成功する。
その後も津野の適時打などで2点を追加し、18安打10得点の猛打をみせた。

投手陣は、技巧派左腕の尾松が先発する。初回は、変化球が冴え、完璧の立ち上がりを見せるものの、その後は4回途中までに6安打を浴び、3点を返される。4回途中から継投した湯川も相手打線の勢いを止めることができず、痛恨の2点本塁打を浴び、同点に追いつかれるも逆転を許さない粘りの投球で、味方打線の勝ち越しを引き出す。
7回以降は、剛速球で押す中田と投球術が巧みな山田が相手打線を最少失点の1点に抑え、試合終了。

10対8にて当野球部の勝利。この結果により、予選リーグを2勝1敗で終えるも同リーグの明治安田生命が3勝したため、リーグ2位となり、決勝トーナメント進出ならず。

引き続き皆様の温かいご声援よろしくお願いいたします。

JABA四国大会 予選リーグ第3戦の結果はこちら。

  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP