三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
トピックス

JABA京都大会 予選リーグ第1戦の結果

当野球部の対戦相手は、日本生命。

打線は、序盤から安打を積み重ね、チャンスを作るものの、本塁が遠く、得点を奪うことができない。
先制を許した後の5回、星・渡邊の連打から1アウト2・3塁のチャンスを作り、
藤原の打球は内野手の正面に飛ぶもバウンドが変わるラッキーなヒットで外野に抜け、2点を奪い逆転に成功する。
その後、6回・7回にも星が適時打を積み重ね、猛打賞の活躍で5対1と日本生命を突き放すことに成功する。

投手陣は公式戦 初先発の右腕 高橋が先発する。初回から持ち味のコントロールとテンポの良い投球に捕手 森山の冴えたリードが加わり、相手打線に的を絞らせず、 4回を投げ、1失点の好投をみせる。

味方打線が逆転した後は尾松・伊吹・湯川と小刻みな継投で逃げ切りを図るも湯川が7回に4安打を集められ、4失点を喫し、同点に追いつかれ、試合は振り出しに戻る。 後を繋いだ山田は、勢いづく相手打線に巧みな緩急で的を絞らせず、9回を同点で終え、延長戦に突入する。

延長10回より、0アウト1・2塁から始まる大会特別ルール(打順継続)にて、先攻の当野球部は、途中出場の木村の適時打と併殺崩れの間に2得点し、試合を優位に進める。その裏、抑えの中田が登板し、内野ゴロの間に1点失うも試合終了まであと1人で、次打者に自慢の速球を跳ね返され、同点に追いつかれる。

11回、当野球部の攻撃は0アウト満塁の絶好機を作るも後続が抑えられ、無得点に終わる。
その裏、抑えの中田が鬼気迫る投球で2アウトまでこぎつけるも最後は押出し四球で力尽き、サヨナラ負けとなった。

7対8にて当野球部の敗戦。
予選リーグ第2戦は4月28日(日)わかさスタジアム京都にて9時00分から東京ガスと対戦!

引き続き皆様の温かいご声援よろしくお願いいたします。

JABA京都大会 予選リーグ第1戦の結果はこちら。

  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP