三菱重工神戸・高砂硬式野球部

チーム紹介 選手紹介 スケジュール 試合結果 応援団 リンク メール
トピックス

JABA京都大会 予選リーグ第3戦の結果

当野球部の対戦相手は、JR西日本。

投手陣は精密なコントロールで勝負する新人右腕 湯川が先発する。
初回、先頭に安打を許すと1アウト2塁から高く入った変化球を捉えられ先制を許す。
3回、繋いだ佐藤・伊吹が制球の甘さを攻められ、打者一巡の猛攻で5得点を許す。

以降も相手打線の勢いを止めることができず、10安打10得点を奪われる厳しい状況となる。

得点を返したい打線は、4回に先頭 津野の安打から0アウト1・2塁のチャンスを作ると福田の適時二塁打・石田の適時打で3点を返す。
さらに攻撃を強めたい打線であったが、相手中継ぎ陣を捉えることができず、大会規定により7回コールドゲームにて試合終了。

3対10にて当野球部の敗戦。
この結果により、リーグ戦を0勝3負で終え、決勝トーナメント進出ならず。

引き続き皆様の温かいご声援よろしくお願いいたします。

JABA京都大会 予選リーグ第3戦の結果はこちら。

  プライバシーポリシー
BACK HOME TOP